スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
神に祝福された声
2007 / 09 / 06 ( Thu )
更新せずに寝てしまおうと思っていましたが、私にとって憧れの人が
今日6日亡くなったので一言残しておこうと思います。
亡くなったのは、2006年のトリノオリンピックの開会式では
『トゥーランドット』の「誰も寝てはならぬ」 を歌っていたルチアーノ・パバロッティ。
(皆さんフィギアスケートの荒川静香さん使用の音楽で曲を聞かれたことがあると思います)
世界3大テノールプラシド・ドミンゴ(この方のコンサートには昔行きました。広いホールの後ろの方で3万円なり・・(Θ_Θ;)、でも、かなり安い方だったはず、都会で見るよりは(笑))、ホセ・カレーラスと組んで、大型スタジアムなどで歌う“3大テノール”公演で有名です。

私は「誰も寝てはならぬ」が1990年のFIFAワールドカップ、イタリア大会の時に歌われた頃から
この曲とパバロッティのファンでした。
本人の堂々とした態度、圧倒的な声量と美しい高音が私にとってはとても魅力的でした。
一時期は友人の声楽の先生に誘われるままに、アリアが聴けるコンサートに行ったものでした。
一度は生のパバロッティを観てみたかったのですが、今となってはそれも叶わぬ夢となりました。
謹んでご冥福を祈りたいと思います。

続きを読む
スポンサーサイト
22 : 06 : 29 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。