スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
卒業おめでとう
2009 / 03 / 28 ( Sat )
先日、パティシエールになるためお菓子の専門学校で勉強をしている若い友人が
めでたく卒業をしました。
通学に時かなり間がかかる学校に休む事もなく通い、辛い実習もやり遂げました。
専門学校でも食事に関係する所だからでしょうか
お化粧もダメとか茶髪もダメとか規律も厳しかったようです。
そしてこの4月から正式に就職します。
(バレンタインの時は駆り出され夜中まで働いていたようです)
卒業おめでとう。
彼女の未来にエールを送りたいと思います。




昨年彼女が留学していた時のお土産を紹介しようと思っていながらそのままに・・
書きかけの文章も残っていたのでそのままご紹介。


3か月ほどですがフランスの地方都市に留学をしていました。
もちろん留学するまでフランス語は勉強していませんでしたし
中学時代は不登校な時期もあったような外交的ではなかったタイプ。
(学校が好きでなかっただけのようですが・・・)
しかし、いざ留学をしてみると、フランス語の勉強はもちろんのこと
在留の日本人の方をネットで探し出し、自らコンタクトを取って友好を深めたり
語学学校の友人と一緒にベルギーやユーロディズ〇ーランド
ルマンのレースまで見に行くというフットワークの軽さ。
同じお菓子の専門学校から留学した彼女の友人は
ホームステイ先のマダムとは殆ど話もできなかったそうです。
彼女と言えば、ホームステイ先のマダムが独り暮らしで働いて夕食も満足になかったため
レストランに予約して一人で食事をしてみたりしていたそうです。
もちろん私の買ってほしいとお願いしていたものも
マダムや語学学校の先生に色々聞いて探してくれたようです。
本当に人間ってやればできるのね~と思うと同時に尊敬を禁じえません。
私は勉強したいと思う気持ちはあってもそこまでの行動力は出なかったと思います。
今では彼女にフランス語の事を色々と聞いています。
彼女も働いてからもう一度留学したいと言っています。
その時は私も遊びに行く予定です。





彼女が買ってきてくれたチョコレート。
アンジェリーナ、エヴァン、ラデュレのもの。

日本では結構高いものですが、あちらではやはり少し安いようです。
マカロンは最終日にパリに寄るわけではないので持って帰れそうにないということで
チョコレートになりました。

フランス土産

下は彼女が送ってくれた写真。
チョコレートを買ったエヴァンのお店。
シンプルな店構えで良かったと言っていました。
買って帰れなかったので、ラデュレのマカロンは写真で。
彼女が昨年フランスに旅行に行った時は
ラデュレのマカロンをお土産にしてくれたので
今回はチョコレートで。

  エヴァンのお店    ラデュレのマカロン
フランス エヴァンmacaron.jpg




私は以前友人へに雑貨屋さんでステンレスの2段のお皿をプレゼントして
さあ、自分のものをと思った時は売り切れで、もうありませんでした。
彼女と市内を探しても良いものがなく、フランスで買ってきて来てもらいまいた。
ステンレスのものではありませんが、陶器の温かみがあって却って良かったです。
お皿に乗っているものもお土産ですが、これもマカロン型のチョコレート。
上のものはトリュフみたいなマカロン。
下のものは中身はサクサクした
もう一つはエスカルゴ皿とトング。
自分がフランスに行った時には買わなかったのですが
デパートに冷凍エスカルゴを発見してからは是非欲しいと思って探していました
しかし、ちょっと大きいかな~


  マカロンチョコ    エスカルゴの皿
マカロンチョコ
エスカルゴ皿



旅行先で買って来てくれた塩キャラメル。
日本のもののように溶けるわけではありませんが、美味しかったです。

    
塩キャラメル
塩キャラメル1


他に私が好きそうなもの。

  マカロンキャンドル  フォションの紅茶
マカロンキャンドルフォション





マカロンの本    中はこんな感じ
マカロン本1
マカロン本


フランスではクレヨンしんちゃんが人気があるということで
自分が行った時に買い忘れていたので今回頼んでみました。
それと三島のもの。薄いものを頼んでいたらペーパーバックの方が安かったみたい。
絵本は彼女が選んだもの。

フランス語本



最近、フランス語の勉強もご無沙汰な私。
この4月からN〇Kのラジオ語学放送がネット配信になるという事で
iPodにも入れやすくなります。
私も留学目指してもう一度この4月頑張りたいと思います。
09 : 32 : 07 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<田舎者都会へ行く | ホーム | つくし>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rikubun.blog112.fc2.com/tb.php/173-c6d49cf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。